早く取り入れる利点

平均寿命が延び、長生きするようになりました。これによって若い頃から老後は元気で過ごしたいという気持ちを強く持つ若い世代や働き世代の人が増えています。そのため少しでも老化現象を感じた場合は体にいいものを取り入れている人が多いです。そのため健康食品やダイエット食品など体に不足しているものや制限をしなくてはいけないものに関する商品がとても増えています。そしてそれと同時に需要が高くなっているのが外見に対するアンチエイジングです。

お肌外見のアンチエイジングといえば、スキンケア商品、エステ、美容整形などがあり自分の肌の悩みに合っているのか、即効性があるものかどうかなどで選ばれています。そのため人によってアンチエイジングの取り入れ方は異なります。最近ではNMN配合のエイジングケアサプリメントといったものも登場してきています。さらに年齢によってアンチエイジングに対する取り組み方も変わります。年齢がいけばいくほど入念なお手入れが必要になります。

細胞が活性化するまでに時間がかかります。しかし若いうちからアンチエイジング行うことで、肌の若返りも早く老化現象をなるべく遅くさせることもできます。そのため若いうちからしっかり対策をとることで、きれいな肌や元気な体を保つことができます。そして若いうちから心がけることで、自分に合ったアンチエイジング法を早組み付けることができます。

肌のターンオーバー

私たちの肌は、表皮、真皮、皮下組織の三種類によって形成されています。私たちが自分の手で実感できるのは表皮といわれる部分です。この表皮と呼ばれる部分の細胞分裂のスピードを肌のターンオーバーといっています。表皮にはいくつかの層があり、肌の細胞が生まれる基底層から有棘層、顆粒層へと形成を変えていきます。この期間の理想日数が14日間といわれています。そこから角質層へと変わり剥がれ落ちていくまでに14日間が理想です。そのためきれいな肌を保つためには28日周期で肌がターンオーバーすることが一番の理想です。

女性しかし年齢とともに肌のターンオーバーが遅くなり、お肌の生まれ変わりは30代になると45日近くかかるといわれています。ターンオーバーが遅くなると、その分は古い角質がそのまま残ってしまいシミやしわのたるみなどの老化現象へと変わります。きれいな肌を保つためには、不要な角質を取り除き肌のターンオーバーを早めていくことがアンチエイジングに効果的です。

古い角質を除去するピーリング作用が含まれたものを活用するとより高い効果が期待できます。ただやりすぎてしまうと、肌が未熟な状態で表面化してしまうため肌荒れにつながってしまう場合があります。不安な人はエステや美容クリニックなど第三者によって施術を受けることがおすすめです。

肌のピークとは

運動若いうちからメイクに興味を持つようになり、小学生用のメイク用品も販売されるようになりました。中学生や高校生になるとメイクするのが当たり前のようになり、自分で化粧品を購入して自分好みのメイクをするようになります。特に若いころはどんなメイクをしても、肌の回復力が早くトラブルになることも少ないです。

それは、成長ホルモンに女性ホルモンなどの働きが活発なため、肌の新陳代謝もよく肌の生まれ変わりも早いためです。しかし年齢とともにこれらの細胞はどうしても働きが鈍くなってしまいます。そのため肌のピークをしっかり認識することで、いつごろからアンチエイジングを意識していけばいいのか明確になります。もしその年齢をすでに超えていても、一日でも早くアンチエイジングを意識することで肌にも早く反映されます。

お肌のピークとしてよく言われるのが20代前半までです。20代後半からは細胞の活性化に需要な成長ホルモンの分泌の低下、女性らしい体を作り上げるために必要な女性ホルモンが減少してしまいます。すると細胞の新陳代謝が遅くなり、肌のターンオーが遅くなります。成長ホルモンや女性ホルモンの分泌は毎日の生活習慣によって大きく左右されます。規則正しい生活に適度な運動を心がけ、ホルモンバランスを整えることが大事です。