肌のピークとは

運動若いうちからメイクに興味を持つようになり、小学生用のメイク用品も販売されるようになりました。中学生や高校生になるとメイクするのが当たり前のようになり、自分で化粧品を購入して自分好みのメイクをするようになります。特に若いころはどんなメイクをしても、肌の回復力が早くトラブルになることも少ないです。

それは、成長ホルモンに女性ホルモンなどの働きが活発なため、肌の新陳代謝もよく肌の生まれ変わりも早いためです。しかし年齢とともにこれらの細胞はどうしても働きが鈍くなってしまいます。そのため肌のピークをしっかり認識することで、いつごろからアンチエイジングを意識していけばいいのか明確になります。もしその年齢をすでに超えていても、一日でも早くアンチエイジングを意識することで肌にも早く反映されます。

お肌のピークとしてよく言われるのが20代前半までです。20代後半からは細胞の活性化に需要な成長ホルモンの分泌の低下、女性らしい体を作り上げるために必要な女性ホルモンが減少してしまいます。すると細胞の新陳代謝が遅くなり、肌のターンオーが遅くなります。成長ホルモンや女性ホルモンの分泌は毎日の生活習慣によって大きく左右されます。規則正しい生活に適度な運動を心がけ、ホルモンバランスを整えることが大事です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket