アンチエイジングと年齢

今日本人の平均寿命が男女ともに80歳以上となりました。定年後に20歳以上生きることができるという計算になります。以前に比べると健康や美容を意識して生活している高齢者が増えました。特に女性はいつまでもきれいでいたいという意識も強くアンチエイジングに関する商品やサービスの提供がとても増えています。

高齢者にとってアンチエイジングは若々しくいるための大事な方法ですが、ある程度の年齢を重ねるとどうしても思ったような効果が得られない人や、効果を実感するまでに時間がかかるという人もいます。肌や体の細胞のサイクルは老化現象が進めば進むほど遅くなり効果がなかなか実感できるまでに時間がかかり、効果がないと途中で判断してしまう人もいます。そうならないためにもなるべく早い年代からアンチエイジングを取り入れることが健康な体ときれいな肌を維持する一番の近道です。

ベッドよくお肌の曲がり角は20代後半といわれていますが、その時期を境に成長ホルモンの分泌が徐々に低下していきます。成長ホルモンは私たちの体の細胞分裂に大きくかかわっているため、分泌量が少なくなるとだんだんと老化現象が進んでいきます。成長ホルモンは寝ているときに最も分泌世量が増えるため、良質な睡眠は重要です。さらに毎日摂取している食事は体を形成する栄養素として吸収されるため内面から大きな影響を与えます。そして外部からは体のそれぞれの部位に必要とする栄養素を与えることでアンチエイジング効果を得られます。年齢に関係なく早い段階で行うことで老化防止に高い効果がえられます。